2013年3月31日日曜日

はじまりは雪の日でした〜光のカケラPJ第1フェーズ報告PART1〜


 環境に優しい素材にこだわる長野発のファッションブランド「ECOMACO」さんとのコラボ事業である光のカケラプロジェクトin南三陸町。2013年秋からゆっくりすすめてきた構想がようやく形になりはじめました。


2013年3月30日

 まだまだ寒い南三陸町へ、ECOMACOのみなさん、ユニーのみなさんがいらしてくださいました。
明日のイベントに向けて真剣に打ち合わせ中

南三陸町入谷、ひころの里にて。この町の養蚕と絹の歴史を教えていただきました

3月31日午前

 南三陸町志津川のアリーナでの「南三陸町復興市」おもちゃの博物館さんテントと、南三陸町歌津の伊里前復幸商店街テントの2カ所で親子を対象にしたワークショップを開催しました。ECOMACOの残布を再利用して生まれたかわいいヨーヨーキルトのパーツ「フキコ」や、色布のモザイクを使ってのカードづくり、エコバッグづくり。好きな色を選んでどんどん貼っていくだけなのでとても簡単です。
これが、光のパーツ「フキコ」たち。みているだけでわくわくします


 子どもたちの色選びは迷いがなくて大胆。「この色好き」「お花、ピンクがいい!」とどんどん自由な発想でつくっていきます。これらの材料になっている布がトウモロコシからできていること、土に埋めて数年経つと消えてなくなってしまう「ゴミにならない繊維」であることなどを聞いて、お母さんがたもびっくり。



 雪が舞う寒空のもとでしたが、そこだけ花が咲いたような温かい雰囲気のワークショップになりました。商店街の女性たちも飛び入り参加。みなさん口々に「きれいな色だねえ」「どの色にしようか迷っちゃう」と言いながら、丁寧にオリジナルデザインを作っておられましたよ。





3月31日午後

 南三陸町みなさん館の「なでしこクラブ」さんにお願いしたおいしいお弁当をいただいたあとは、ECOMACO代表・岡正子さんによる講座を歌津の石泉活性化センターで行いました。岡さんはデザイナーであると同時に、杉野ドレスメーカー学院の学院長。カラーアナリストとしても活躍しておられます。とてもチャーミングなやわらかい雰囲気なのに、とってもパワフルな女性です。講座は名付けて、「毎日をハッピーにするカラー講座〜あなたの第一印象も素敵にアップ!〜」。

 WEのカラーコーディネート講座や、手づくりイベントに参加してくださる方を中心に、10数名の方が参加してくださいました。ほとんどが、南三陸町内の仮設住宅にお住まいの女性たち。カラーチャートで色について学びながら、岡さんから自分の好きな色、似合う色をさがすコツを教わりました。スカーフ1枚の色選びで顔の印象がぱっと変わることを体験していただこうと、壇上にあがって岡さんとスカーフの色を選ぶ女性たちは、照れながらも楽しそう。サプライズで、ECOMACOのお洋服を着てのミニミニファッションショーも行われました。


 講座終了後、フキコの作り方デモンストレーションを行いました。きれいな色の布で作るフキコにみなさんも興味津々。春の歌津はちょうどワカメが忙しい時期ですが、合間をみて作ってみるねと数名の方が材料をお持ち帰りになりました。
(Part2へつづく)


*このプロジェクトはP&G(株)様、ユニー(株)様の協賛のもと実施しております

0 件のコメント:

コメントを投稿