2013年7月3日水曜日

シューズブランドのロゴマークがエコタワシに!

スペインのシューズブランド ”EL NATURALISTA”をご存じでしょうか?
自然界の動植物をヒントにしたデザインで独特のフォルムと色合いが特徴的なブランドです。
このブランドのロゴマークはカエル。
これをエコタワシにしてほしいと話しが持ち上がったのは1年前のことでした。

きっかけは、フットウェアの開発・製造・販売する静岡の企業(株)ダイマツさんでした。
ダイマツの社長である種本氏がRQの活動に参加してくださった2011年の暮れに、タコのエコタワシの成り立ちを知り沢山買って帰られました。
種本氏はその後、編んだもんだらのブランディングを提案して下さった恩人でもあります。
以降、継続して編んだもんだらを仕入れては直営店で販売して頂いています。

エコタワシといってもそこはフットウェアの会社なので、靴磨き用のグッズとなる事を想定してサンプルを4つ作りました。

初代サンプル1号
サンプル2号足ひれ付き
足ひれなしサンプル3号(濃い)4号(薄い)

       
目のパーツに手こずるも、このぐるぐるがポイントなだけに、そこは外せない。
足ひれはリアル過ぎたのか、却下となりました・・・。
ロゴの色は少し黄色がかったライトグリーンだけど、バリエーションでブルーとオレンジも作る事に。





オレンジのカエル制作途中編~♪

3色のカエルさん達は、6月の初旬に行われたスペインでの全体会議で披露される為、海を渡っていきました。

この難しいアイテムの編み手さんは階上の仮設に住むまつ子さんと、最近家を建てて仮設から引越しした、のぶちゃんの二人。
二人は元バラのエコタワシの編み手さん。
この二人をもってしても形を揃えるのにはだいぶ時間がかかりました。
とても丁寧に作られているカエルたち。
各国からやってくるスタッフの皆さんに気に入ってもらえますように。


☆☆☆
”EL NATURALISTA”は、震災が発生した2011年の4月には、すでにスペイン本国で支援活動としてサポートジャパンキャンペーンを開始していました。
”EL NATURARALISTA”のスタッフも早期に現地入りしており、主に南三陸町を撮影・取材した内容をもとに復興支援のHPまで作って応援してくれているすばらしい企業です。
(web siteを見せてもらいましたが、URLが見つからず、確認出来たら後日アップします!)

                                                muramats-u

0 件のコメント:

コメントを投稿