2013年9月23日月曜日

北九州サポーターからの南三陸便り

2013923


「テクテクめぐる縁がわアートin南三陸」に参加しました

宮城県南三陸町入谷地区で97日から16日まで「テクテクめぐる縁がわアートin南三陸」が開催されました。スタンプラリーが行われた14日から16日まで、イベントスタッフとして活動に参加しました。

912日(木)夜
 八幡神社の打囃子の練習を見せていただきました。今年は林際地区の担当です。獅子舞は男性2名が交替で舞い、子どもが獅子の前で踊ります。大きな太鼓は男性が打ち、小さい太鼓はお母さんに教えてもらいながら子どもたちが打ち、笛は男女が奏でます。あらゆる世代の人たちが、それぞれ役割をもってお祭りに参加している様子はとても素敵でした。

913日(金)
 朝一番、みんなで八幡神社の草刈り。鎌を初めて使う人も、すぐ使い方を習得し、お祭りに備えてきれいになりました。

次に、グループに分かれて、入谷地区の3軒の民家にアートを展示。そのうちの1軒で、光のカケラプロジェクト・フキコの会がつくった光のオーナメントとモザイク画を縁がわに飾りました。緑の山々、黄金色に実った稲に囲まれた縁がわで風に舞うオーナメントは幻想的でした。



914日(土)~16日(月)
 初日は、朝から入谷の子どもたちがスタンプラリーの用紙を手に、元気よくやって来ました。フキコの光のオーナメントはまるで「お花畑」みたいと、言っていました。地元のご夫婦、親子、入谷で働く人、東京からも大学生や社会人が訪れました。


 2日目は、八幡神社のお祭り。台風が接近していて、お祭りが終わるまで何とか雨が降らないでほしいと祈るばかりでした。幸い、小雨の中お祭りは無事終了。その間も、ハンコを押すことが楽しくて仕方ない子どもたちは、2回目、3回目と走って来ました。雨の中、地元や仙台からも縁がわを訪れてくれた方もいました。感謝です。

 3日目は、台風直撃で、残念ながら中止となりました。


 あいにくのお天気でしたが、来場者からうれしいメッセージをもらいました。
「自然の色がとても美しく印象的です。オーナメントはとても涼しげでいいですね!」
「縁がわとカラフルなオブジェが合っていて、すごくすてきな空間でした」
「自然の色と素材が美しく、かわいらしく、なごみました」
「みせようという色でなく、人が見る感じる色合い」
「カラフルな作品がとてもきれい。この雰囲気がとても好きなので、毎年続けてほしいと思った」
 

都会ではあまり見られない縁がわ、入谷でもあまり縁がわを使われなくなった家もあるそうです。お散歩の途中にちょっと立ち寄り、話がはずむ、そんな素敵な縁がわを演出でき、幸せでした。




918
 編んだもんだらの販売をしているコンテナおおあみさんを訪問し、東北ウィメン応援隊~北九州GENKISのメンバーがお母さんたちに書いた寄せ書きをお届けしました。





MASAKO 





0 件のコメント:

コメントを投稿