2013年11月19日火曜日

TOMODACHI PROJECT 参加報告(その1)


代表石本めぐみのTOMODACHI PROJECT参加報告その1


TOMODACHI NGO リーダーシップスタディツアーは、
米国政府公益財団法人 米日カウンシル-ジャパンとJ.P.モルガン支援によって実施される複数年にわたるプログラムで、東日本大震災から学んだことを踏まえ、日本のNGOの能力開発を支援するものです。今回、日本のNPOから10名が選ばれて2週間のスタディツアーが実施されました。
プログラムの詳しい内容はこちらから


さて、早速石本からスタディツアーのご報告です。





10月27日 成田出発し、いざサンフランシスコへ。 今回ツアー参加者とはじめての対面。


10月28日 国際教育研究所(IIE)にてプログラム(行動計画)について説明。

IIEでランチミーティング

午後は、バークレー・プリスコー社と会議、非営利経営の最良例や管理戦略の変化について



1029日 カリフォルニア大学バークレイ校へ



9:30-11:30 バスでサンフランシスコ市内観光とMs.メアリー・シュミット(ファイアーズ・ノンプロフィット・ディベロップメントCEO)基金調達専門家

11:40-12:30
デボラ・マッコイ教授(カリフォルニア大学バークレー校)
都市・地域開発と教育改革の専門家。特にマルチ・ステークホルダーやパートナーシップについて

13:15-15:00
ブレンダ・フェロウズ教授(UCバークレー、ハースビジネス・スクール)マネージメントとリーダーシップについて

15:15-16:00
大学内のツアー

17:30-21:00
日本領事館の人たち主催のハッピーアワーで情報交換


1030日(水)

9:30-12:00
 ブルー・アボカド所長兼編集長Ms. ジャン・マサオカ(購読者64千人のNPOオンラインマガジン)

12:30-13:15
チームメンバー10人で振り返り

13:30-15:00
ボランティア・マッチ戦略的パートナーシップ&教育責任者Ms. ヴィッキー・ハッシュ(個人、企業へのボランティア・マッチング、アクセス800万以上、参加NPO3万団体以上)

15:15-16:45
フィランソロピック・ベンチャーズ・ファウンデーション事務局長Mr.ジェームズ・ヒガ(オリジナルのマッキントッシュ・チームの一人。長年スティーブ・ジョブズ直下でアップルの製品をつくりだしてきた生粋のシリコンバレー人。I Tunes、アップルジャパンの起ち上げも)

夜:チームメンバー全員で話し合い



1031


9:30- 10:00 日本人街へ


10:00-11:30 Kimochi社スティーブ・ナカジョウ事務局長(日系1世のための高齢者ケアサービス)彼のフィロソフィーに感激して大泣きしてしまった!!!

11:30-12:00 日米カウンシル カズ・マニワ上級副社長(これまでの振り返り)



13:45-14:45 ネイバーフッド・エマージェンシー・レスポンス・チーム(NERT)サンフランシスコ消防署副隊長エリカ・アーテセロス(消防署の提供する緊急対応訓練プログラムについて)

15:15-16:15 
キヴァ社カーロス・ピエール戦略的イニシアティブ部資産管理担当者(個人と個人をつなぐマイクロファイナンス)明確なミッションとシンプルなビジネスモデルで


17:30-21:30 
日米カウンシルのメンバーのご自宅に
招かれディナー:カズさんのご自宅にお伺いして本当にすてきなおもてなしを受けました。



111

7:30 
シリコンバレーへ出発


9:00-10:00 
グーグル社で朝食ミーティング、コココミュニティ救援活動部長;デイビス・ホワイト(緊急時あるいはNGOの活動に最新の技術ツールを使う)


10:00- 12:00 
サンフランシスコ市庁舎へ


11:00-12:00
 サンフランシスコ市・区青少年委員会管理委員会のアーデル・カーペンター(青少年開発管理コーディネーター)、アレン・ルー(コミュニティ救援活動と市民契約コーディネーター)


13:45-
移動


14:00-15:00 JP
モルガン副社長ジョーゼッテ・バーセナ(企業の社会的責任やJPモルガンの活動概要)




さて、この後はシアトルに場所を変えて続きます。(その2)


※TOMODACHI イニシアティブはこちらから

0 件のコメント:

コメントを投稿