2013年12月10日火曜日

この熱気伝わりますか? 北九州レポート

少し時間があいてしまいましたが

11月23日(土)東北ウィメン応援隊〜北九州GENKISが企画してくださり、北九州でセミナーとワークショップをおこないました。その名も、

お茶っこin北九州
3.11街づくりへの気づき・学び〜NPO法人WEの活動を通して〜

WEからは石本、栗林、塩本が参加。そして、災害当時南三陸町産業振興課の職員だった西城良子さんもゲストで来てくださいました。
北九州のみなさんの熱意と行動力がすばらしく、私たちの方が勉強させていただく、たいへん実りの多い会になりました。とにかく写真ダイジェストで当日の模様をレポートします……。


開会宣言は、北九州GENKISを通していつも私たちをサポートしてくださっているみんなの大先輩三隅佳子さん。三隅さんのことを紹介するだけでこのブログが終わってしまいそうなのでこちらをご覧ください→http://www.e-avanti.com/fuku/27koro/item/25258



30人台くらいかと思っていたのですが、なんと当日、スタッフも含めて70名ほどの参加者が! 部屋に入りきれないかもと心配しました。


まずは、WE代表めぐみちゃんの基調プレゼンから。震災後の避難所巡りから始まった私たちの活動を通してみえてきたもの。



続いて、北九州GENKISメンバーで市議会議員の山本真理さんを聞き手に、西城良子さんが震災当時のことを語ってくださいました。
山本さんのことも紹介すると長くなるのでこちらを。
→http://www.e-avanti.com/person/27koro/93


司会は、やはり北九州GENKISメンバーで市議会議員の森本由美さん。三隅さんが代表だったころ、アジア女性交流・研究フォーラムに在籍しておられました。



後半は、「もしも北九州に災害が来たら?」をテーマにしたワークショップ。いつも南三陸町にボランティアに来てくれている北九州大学の学生さんたちもたくさん参加してくださいました。シニア男性たちから若い女性まで、とても多彩な参加者のみなさんが着席と同時に熱くトーク、すごい。


スタッフもおおわらわ。ファシリテーションはWEの理事でもある、太田まさ子さん。この場をつくりまとめていく手際が本当にお見事です。


北九州市危機管理室室長の田島裕美さんにコメントいただき、防災企画担当課長の三浦さんからは北九州市の災害への取り組みをプレゼンしていただきました。


どうでしょう、このすごい熱気伝わりましたか?
北九州GENKIS は三隅佳子さん、WE理事の太田まさ子さん、北九州保育士会長の北野久美さんが共同代表となり遠い北九州から東北の女性たちを細く、長く、ずっと応援していこうと立ち上げられたグループです。みなさんに直に会えて、本当に嬉しく、心強く思いました。


おまけショット。ここがいちばんすごい熱気かも、休憩時間にみなさんが殺到してくださった販売ブース!

しお







0 件のコメント:

コメントを投稿