2013年12月20日金曜日

飛び出すワークショップ!in南三陸-2日目

12月2日(月)
中西紹一さんのワークショップ2日目です。参加者は、昨日から連続参加していただいている方と、今日はじめての方とのミックス。場所も、志津川のポータルセンターに移りました。屋根が高くて木の香りがする、とってもステキな空間です。

おはようございまーす、WE代表の石本からご挨拶
中西さん登場、朝は体がかちかちですよねー、

というわけで言われるまま、「白菜体操」に突入
白菜体操でほぐれたら、今日は、「アイデア!」の文字がスクリーンに。今日参加した人は、昨日の参加者にどんなことをやったのか同じ島の人に聞いてみましょう。そして、ワークショップの成果を振り返りながら、もっともっとアイデアを練っていきましょうと中西さん。
 目が合わなくても話しかけますよ〜


 ここでちょっと視点を変えて、「いろんなことが実現できる場」を考えてみようと方向転換。女性のまなざしをいかして、町の面白さを引き出すこと、たくさんありますよね。いろんなことがいっぱいできる場といえば、例えば「学校」。授業や、部活や、給食や……登場人物も先生、生徒、PTA、などなどいっぱい考えられる。
 このあたりだと、女の人のことはなんていうのかな? 女の人たち、っていうか?という問いかけに
「おなごだづ?」「おなごだづかな?」という小さい声が……ということでとりあえず

 先生は「おなご」しばりの、いろんなことができる「おなごだづ学校」、想像上のしくみをグループごとに考えてみることになりました。


 語ってます、みんな。そしてテーブルの上は見るまにポストイットでいっぱいに……。これを並べ替えたり、重ねたり、プレゼン用のケント紙にまとめを書いたりして


 発表タイム。どのグループも力作ぞろいです。こんな学校あったら行ってみたい。給食にこだわるグループが目立ったのが、さすが美味しいもの自慢の南三陸町です。
 中西さんが終盤に「南三陸町の女性のまなざしをいかして、まあ、男性もいますが、何かやってみたいな、やるぞっていう人、手を挙げて〜」と問いかけるとかなり大勢の人が挙手。なかには、「あれ、わたしもあげちゃった」とばかりに自分が手を挙げたのにびっくりしている人も(!?)
 


 本日も、参加者みんなで記念撮影しました。
 前日、本日といろんな出会いもありました。ここからどんなことが発展するのか、楽しみですね!

しお



※この事業は、WEが提案する「津波被災地における女性視点での地域の課題解決の事業化支援」プログラムです。本事業は東日本大震災現地 NPO 応援基金【特定助成】 JTNPO応援プロジェクトの助成をいただいております。



0 件のコメント:

コメントを投稿