2014年2月23日日曜日

歌津コミュニティ図書館での刺し子風ししゅう体験教室

少し遅くなりましたが、1月からスタートした歌津コミュニティ図書館での「刺し子風ししゅう体験教室」のご報告したいと思います。


はじまりのきっかけは、恒例となったカフェ・ド・リアンでのクリスマスリースづくりのチラシをこちらにお持ちしたことでした。ちょうどリアンから15分ほど坂を上った場所に図書館はあるのですが、仮設にお住まいのご高齢の方には坂の昇り降りは大変なので、できれば図書館を使って何かやってもらえないかとお声掛けを頂いたのでした。

※歌津コミュニティ図書館は、南三陸町歌津地区の大型仮設がある平成の森の駐車場に設置された「ウタツサウルス」君のいる施設です。



さて、1月28日(火)の初回は、公民館便りで広報頂いたところ、あっという間に満席に。
仮設住宅や周辺にお住まいの方が集まって来てくださいました。




みなさん、刺繍は初心者ということでしたが、和裁のお上手な方が多く、
講師の説明を聞きながら、すばらくご自身の手も動かして刺していかれます。




2時間であじさい刺しの完成です!
自身の好きな色を選んで刺繍ができるので、それぞれ個性あふれる作品ばかり。

自分だけのオリジナルを楽しめることがこの刺繍が人気のヒミツではないかと思っています。




出来上がった作品を見ながら、「私の好きな歌津館浜の海の色」と教えて下さった方がいらっしゃいました。不思議なんですが、そこはこんな緑の色の海なんだそうです。

参加者とお話していると歌津の豊かな自然のことを教えられます。



続けて、2回目の講座(2月18日)へ。

今回はあじさい刺しの応用編。巾着づくりです。

参加者の中には前回からご自宅で大作を3つも作って来てくださいました。
これには、講師も私もびっくり!!!



あじさい刺しは簡単なようで、とっても奥が深いです。
色糸の選び方、刺し具合、十字の大きさなどで、本当に印象が変わってきます。



公民館長さんから、

「参加者の表情が明るくなりましたね。」とお声をかけていただきました。

私たちが出会うずっと前から仮設にお住まいの皆さんを見守ってきた館長さん。

実はリンパマッサージがお得意で、刺繍の後は疲れた手首をやわらげるマッサージを
教えてもらい、みんなでリラックス♪




歌津コミュニティ図書館の高橋さん。
前回の作品を額に入れて飾っていて下さいました。

図書館のご利用の皆さんにも好評とのことで、とても嬉しいですね。

というわけで、こちらでのししゅう教室は、皆さんが楽しく過ごせる手芸の時間として
しばらく続けて開催していく予定です。






クリバヤシ

※この事業は、WEが提案する「広域生活圏におけるテーマ型コミュニティ育成事業」のプログラムです。本事業は「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて開催しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿