2017年7月27日木曜日

PCM研修in盛岡~基礎編、モニタリング編~受講レポート

こんにちは、中島です。
今日はプロジェクトサイクルマネジメント(通称PCM)研修についてレポートさせていただきます。


PCMとは?


東日本大震災の復興途上の沿岸部で活動をするNPOスタッフや社協など現場関係者を対象に岩手県盛岡市で研修が行われました。
ウィメンズアイからも、研修主催団体のJEN様のご協力で、WEメンバー4名とグラスルーツ・アカデミー東北メンバーの希望者が参加させていただきました。

417日~419日 PCM研修~基礎編~
75日 PCM研修~モニタリング編~
2回開催されました。全行程を合わせると、4日間以上、とても濃い内容です。

いつもおだやかな笑顔の「みよっしー」こと三好先生

講師はPCM Tokyo理事長の三好崇弘さんです。

アフリカでのJICA事業のコンサルティング業務やPCM関連の研修を数多く行ってこられた経験豊富な先生です。
すごい経歴をお持ちにも関わらず、とてもフランクな三好先生は、「みよっしーって呼んでね」と、場を温めるためにみずから面白いダンスをしてくださり、研修はその難解な内容とは裏腹に和やかに進みました。


~基礎編~ 約30名の方が参加されていました

PCMは元々、国際協力や海外援助プロジェクトなどで使用されるものだそうです。
参加者のみなさんはそれぞれのフィールドで地域課題の解決に挑んでおられ、PCM手法を学ぶことで自らのプロジェクトにも活かせる。と、参加されているようでした。


◆◆基礎編 1日目◆◆

みなさん、自らのプロジェクトや業務に活かそうと
真剣なまなざしで聞き入っていました

解決したい問題を深掘りし、適切な目標設定、それに対する事業計画づくりをする技術を学びました。
横文字や聞きなれない言葉も多かったですが、限られた時間の中でもひとつひとつ丁寧に説明してくださり、理解が深まりました。


でもここからが本番。


◆◆基礎編 2日目◆◆

グループごとに設定に沿って問題分析をする様子

2日目は主に架空の地域課題の設定があり、グループに分かれ解決するためのプロジェクトをPCM手法で生み出すワークを行いました。
覚えたてのPCMを使い、進めていきます。

真剣に取り組むあまり、2日目を終えたときにはヘトヘトでした。
「頭がジンジンする~」「こんなに頭を使ったのは久しぶり!」という声があちこちから聞こえてきました。


時間内では議論が足りず、居残って議論を深めるグループもあり
この研修へかけるみなさんの真剣さが伺われました。

◆◆基礎編 3日目◆◆

いよいよ自らが直面する課題に当てはめて、分析から関係系図づくり、プロジェクト化まで行いました。
私たちWEメンバーも普段から取り組んでいる事業で行いました。
さらに熱が入ります。

WEもプロジェクトごとにわかれてディスカッションしました

ログフレームというプロジェクトの概要表は途中から加わる関係者や第三者にも分かりやすく内容が伝わる作りになっています。
出来上がったログフレームはWEが取り組む課題の現状と目標、活動の内容がとても分かりやすく、4月からWEに入った私にとってはとても良い理解の場となりました。

学びが多すぎてちょっとパンクしそうな私…


◆◆モニタリング編◆◆

モニタリング編では事業実施途中での課題発見と軌道修正を学ぶことで、課題解決に向かう手法を学びました。

基礎編を受講してから約3か月、あっという間にこの日を迎えましたが、日々の業務に夢中になっていた私も立ち止まり、「進む方向は間違っていないか?」「これは何のために行っていることなのか?」「進捗状況は?」などを振り返ることができました。
また、その指標や効果的な方法についても学べ、さらに理解が深まりました。

先生からアドバイスをいただきました

◆◆4日間で学んだこと◆◆

このような感じで4日間が終わりました。
最初は「プロジェクトサイクルマネジメント?……ん~何のことだろう?」と思っていました()
「国際協力の場」などと聞くと私には大きく難しい話に聞こえますが、実は普段使いもできる素晴らしい手法でした。
この研修を通して私が学んだのは
    いままで大きな問題は見えていてもその本質、またはそれが起こるに至ったそれ以前のたくさんの要因(問題)が見えていなかったのが、掘り下げて見つけられるようになった。
    そうすることにより、大きく難しい問題も、始まりの小さな問題だったら解決できることができたりする。
    それを解決しやすいもの、すぐできるものなど、取り組みやすいものから解決することで、大きな問題に対して限られた条件下でも最大限効果がでる。
    チームで学ぶと手法、フォーマットに則って話しが進められるので簡単に認識を合わせられる。
という4点でした。
元々、論理的思考が乏しい私は研修中、常にオーバーヒート寸前でしたが、本当に学び多き研修でした。
地域課題に向かう様々な方々との出会いもあり、刺激もたくさんいただきました。


やりきったみんなの笑顔

本当に濃い学びの場をいただき、JENのみなさま、三好先生、参加者のみなさん、ありがとうございました。

中島 綾子


0 件のコメント:

コメントを投稿